BAR HARBOUR INN

*--新着情報--*

[投稿] [記事検索] [記事修正・削除] [管理用]
※この掲示板は、閲覧のみとなっております。

リッテンハウスストレートライウィスキー
ハーバーイン



リッテンハウスはかつてメドレー社が製造していた銘柄で、、現在はヘブンヒル社が再現しています。バーボンがトウモロコシ51%以上使用するのに対し、こちらはライ麦を51%以上使用しています。
ラベルにある『ボトルドインボンド』とはかつて粗悪なウィスキーが幅をきかせていた頃に対策として連邦政府が品質保障のために設けた法律です。政府監督の保税倉庫で4年以上熟成させた、シングルディスティラーの、1シーズンのみの原酒をつかいアルコール度50%で瓶詰した製品につけられるマークです。
いわばお墨付き、ですね。
色々な飲み方でお試しください。¥972
Date: 2017/03/29/15:52:03   No.2558



デュワーズホワイトラベル旧瓶
ハーバーイン



アメリカ市場の2000年代前半頃の流通品と予測されるアメリカ市場向けボトル。ご注文の際は『旧瓶』とオーダーしてください。現行品との比較も面白いと思います。価格は現行品と同じ¥864
Date: 2017/03/25/14:26:57   No.2557



クールドリヨンセレクション
ハーバーイン


カルヴァドスです。クールドリヨンシリーズでも気軽にオーダー頂けるように仕入れました。ハイボールなどでどうぞ。¥864
Date: 2017/03/06/16:47:27   No.2555



ベンロマック10年
ハーバーイン


新生ベンロマックにおいて、待望の看板商品である「ベンロマック 10年」が2009年に誕生。
日々進化を遂げてきましたが、その完成形とも言えるようなデザイン一新のNEWボトルが誕生いたしました!
単に見た目が変わっただけではなく、以前のボトルよりピートとスモーク感が増し、それに見合ったシェリー感があり、骨格がくっきりし、オフィシャルスタンダードの10年物とは到底思えないほどの熟成感が増しました。
通常、オフィシャル商品でボトルの変更があった際、マイナスのイメージがある場合が多いですが、このベンロマック、確実に数段素晴らしく充実した内容となっております。
ぜひ、新しくなったベンロマックをご堪能ください。

カスクタイプ : バーボンバレル80%、シェリーホグスヘッド20%、最後の1年をファーストフィルのオロロソ樽にて熟成。

☆テイスティングノート☆
香り : 深いシェリーの香りが様々な香りと一緒に感じられる。フルーツとナッツのチョコレート、繊細なスパイス、青リンゴ、麦芽のビスケット、かすかなピートと煙の香り。
味わい : 果汁たっぷりのラズベリー、シェリー、クリーミーな麦芽に加え、ほのかにピート香が感じられる。¥1296
Date: 2017/03/06/14:36:46   No.2554



クライゲラヒ13年
ハーバーイン


スペイサイドのシングルモルトです。人気のブレンデッドスコッチ、ホワイトホースやデュワーズの原酒のひとつです。¥1296
Date: 2017/01/23/14:28:12   No.2543



ザ・デウェロン12年
ハーバーイン


ハイランドのシングルモルトです。作り手はマクダフ蒸留所で、製品名と異なる、珍しいパターン。軽やかでフルーティーな、心地よいモルトです。¥1296
Date: 2017/01/23/14:27:14   No.2542



ザ・マッカランエディションNo.2
ハーバーイン


今年2月リリースされたNo.1に続くシリーズが本日発売されました。

ヨーロピアンオークのシェリー樽やアメリカンオークのシェリー樽など数種類の樽タイプの原酒を計372樽ヴァッティングしました。

バニラやシトラスを思わせる香りとスパイシーな味わいが特長で、長く余韻が続きます。

ノンエイジ表記ですが、10年から20年の熟成だそうです。¥2700
Date: 2016/11/29/14:38:55   No.2527



ポールジロー オードヴィー
ハーバーイン

あのポールジローの、コニャックになる前の若酒です。いつも出す物ではなく、結構稀少です。

以下ポールジロー氏のコメントです。

「日光と雨に恵まれ、ブドウの木々は美しく熟した実を10月につけてくれました。ワイン造りの段階で既にその素晴らしい出来が見込まれ、1年間の苦労が報われました。1月から2月の間に行われる蒸留で、このビンテージが優れたものになると確信しました。

今年選んだオードビーは、うるう日にあたる2016年2月29日に蒸留されたもので、特別なものになりましたが、ブートビルからお届けするこのオードビーの特別なことはそれだけではありません。私が古くからの技術、つまり自分の観察と五感のうちの四つを駆使してカットをしたということです。

オードビーの香りを嗅ぎ、味わい、そして触れ、「ペルル(=パール、真珠)」が訪れる瞬間を待ちます。長年積み重ねた蒸留の経験があるからこその、昔ながらの製法です。

これが、このオードビーを「※クペ・ア・ラ・ペルル」と呼ぶ理由です。」(※日本語注釈「『ペルル』が出てきたところでカット」)



【表ラベル画像】〜以下表記内容

収穫開始日:2015年9月28日

収穫終了日:2015年10月19日

ワインの度数:9.45%

蒸留日:2016年2月29日

ボトリング日:2016年6月29日

¥1296
Date: 2016/09/27/13:29:23   No.2507



[1] [2] [3] [4][5] [6] [7]