BAR HARBOUR INN

*--新着情報--*

[投稿] [記事検索] [記事修正・削除] [管理用]
※この掲示板は、閲覧のみとなっております。

オールドボトル御三家
ハーバーイン


シーバスにジョニ黒にオールドパーと言えばかつての高嶺の花。この中ではジョニ黒だけ特級表記で、オールドパーはユナイテッドディスティラーズ時代、シーバスはキリンシーグラム時代のボトルです。どれも¥1000(税別)
まだ未開封ですが、オールドボトルのため、品質劣化が認められた場合販売は中止します(多分ないでしょうが念のため)
Date: 2020/01/24/16:05:59   No.2689



バランタイン12年ブレンデッドモルト
ハーバーイン


バランタインの原酒のみをブレンドした珍しいヴァッティドモルト。
50種近くのモルトをブレンドし、フルーティーで豊かな香り、まろやかな口当たりで大変飲みやすい仕上がりです。¥1000(税別)
Date: 2020/01/21/17:15:17   No.2688



デュワーズスクラッチドカスク
ハーバーイン




最低4年以上熟成の40種のシングルモルトとグレーンウィスキーをブレンド後、内側をきつく焦がし、削ったアメリカンオーク樽で数か月間熟成させた限定品です。¥800(税別)
Date: 2020/01/21/17:13:02   No.2687



15年熟成シングルモルト3種
ハーバーイン



バランタインの核となる構成モルトを一つずつ味わって頂こうという企画の限定品です。グレントファーズ、ミルトンダフ、グレンバーギー各¥1500(税別)
Date: 2020/01/21/16:52:23   No.2686



グランデューケ ダルバ
ハーバーイン


酒名は16世紀の武将“アルバ大公”の意。
ヘレスのソレラ・グラン・レセルバ規格の品。スペインではこのクラスで抜群の知名度を誇る。
温かく、リッチな香味がなめらか。あと口も長く続く。¥1000(税別)
Date: 2019/12/17/17:51:58   No.2685



ベルネロワ カルヴァドス フィーヌ
ハーバーイン



名門カミュが造るカルヴァドス。

2年熟成のほどばしる新鮮な風味と芳ばしさ。ストレート、オンザロック、カクテルベースなど幅広く楽しめます。  ¥800(税別)
Date: 2019/12/17/17:32:07   No.2684



アンジュ ジアール セパージュ カルバドス アップル50%・ペア50%
ハーバーイン


フランス・ノルマンディー地方の中心地にあるシャル家の畑は、わずか6ヘクタール。その小さな畑の一角に、90本の林檎の木が植えられています。同家の本業は酪農ですが、毎年8月に蒸留業者のグヤール氏を呼んでカルバドスを作ります。 薪を使った直火焚きの蒸留など、昔からの製法を頑なに守り続ける2代目のローラン・シャル氏。 ノルマンディーの農民が手掛けるカルバドスを瓶詰しているアンジュジアール社とジャパンインポートシステムの共同で開発しました。
原酒の比率が明記された新感覚のセパージュ・カルヴァドスです。
アップル50%・ペア50%は林檎が50%、洋梨が50%という割合で造られています。
2017年6月蒸留 オーク樽で2年熟成。他のラインアップよりバランスを重視した仕上がり。ちょっと冷やして気軽に楽しめる、カクテルベースにも使いやすい1本です。

※セパージュとは、ワインにおけるブドウ品種の割合を指す用語です。アンジュジアール・カルヴァドスは、リンゴと洋梨の比率や品種が判明している稀少な商品のため、「セパージュ・カルヴァドス」と名付けられています。 ¥1000(税別)
Date: 2019/12/17/17:28:25   No.2683



キルホーマン2010
ハーバーイン


キルホーマン 2010ヴィンテージは世界市場向けの限定商品でアイラ島産ピートをたっぷりと焚き込んだフェノール値50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用。2010年蒸溜の1stフィルバーボンバレルをメインにオロロソシェリーバット3樽を使用することと、通常よりも高い48%でボトリングすることでより味わいに複雑さと奥行きを持たせています。香りは燃えさしのようなピートスモークにレモンゼストの爽やかでフルーティなアロマに、とろけたバター、クローブ、シナモン。味わいははじめにアイラらしい海藻、煙突のから立ち上る煙が広がり、クローブ、煙草の葉、バナナのまったりとした甘さが続きます。フィニッシュはドライアプリコット、バニラをピートスモークが包みます。
世界で15000本のリリースで、日本には840本の入荷です。お見逃しなく。¥1800(税別)
Date: 2019/12/09/17:02:11   No.2682



[1][2] [3] [4]