BAR HARBOUR INN

*--新着情報--*

[投稿] [記事検索] [記事修正・削除] [管理用]
※この掲示板は、閲覧のみとなっております。

グレンロセス1996 20年
ハーバーイン



当店取引の酒屋さんのオリジナルウィスキーです。

以下は社長のコメントの一部抜粋です。
「創業90周年を記念しまして、オリジナルラベルのウィスキーをボトリングする事に致しました。(中略)
これまでは、蒸留所蔵出のものに拘っておりまして、ボトラーズでのオリジナルボトリングはしてきませんでしたが、これからは良い原酒だったら買っちゃおう!という方針に変えたいと思います。最近良い原酒で価格もナットク…というのが少ないという事情もありますし。
基本的に、蒸留所のハウススタイルを前面に押し出したウィスキーが好きな私。このグレンロセスは、こうあって欲しいスタイルのグレンロセスだったので即決でした。奇を衒ったような何とかフィニッシュなんて要らないんです(個人的意見です)。

激しく主張しない、静かで楚々とした上品な蒸留所。これぞ愛すべき美しいスペイサイドモルト。

ラベルはかなり個性的なモノになっています。旧知のグラフィックデザイナー、前出勝人氏に“今までにないようなラベルで!”とお願いしたら、こんな感じになりました。凄く気に入ってます

グレンロセス1996 白木商店90周年記念ボトル

Glenrothes 1996 20yo
蒸留:OCTOBER, 1996

瓶詰: DECEMBER, 2016

BUTT No.18 51.1%

テイスティングノート: 明るいコッパーカラー、爽やかなレモンとミントのフレーバー、軽めの蜂蜜や麦の甘い香り、少しだけカラメリゼしたような舌に残る香ばしいカステラの底のようなニュアンス。ふんわりと鼻腔を抜ける心地良い樽香としっかりしたアルコール感。」

少々値が張りますが一度お試しください。¥2,700


Date: 2017/12/08/17:36:17   No.2593



ブラックニッカ アロマティック
ハーバーイン




華やかでフルーティーな香り、甘くやわらかい味わいで、飲むたびに気持ち華やぐウイスキーです。果実味あふれる香りと、おだやかな樽香。甘く華やかな宮城峡モルトの味わいを、カフェグレーンのやさしい味わいが引き立てます。かすかなビターをともなう、なめらかな余韻が心地よく続きます。数量限定 ¥864
Date: 2017/11/21/10:01:40   No.2592



ジェラスジン
ハーバーイン



ジェラス家はその歴史を1246年まで遡ることができ、アルマニャックの地であるガスコーニュにあります。1865年の会社設立以来、今に至るまで同族経営を守り続けている数少ない会社ですが、日本では自らの名前を冠した10年から60年までの熟成古酒、そしてシングルドメーヌアルマニャックのリリースで有名です。

そんなジェラスが作り出した渾身のジンが、今回の「ジン・ジェラス」です。

アルマニャックでも用いられるブドウ・ユニブラン種のグレープスピリッツに、各種ボタニカルを浸漬。そのボタニカルで特徴的なのは、ピレネー山脈で栽培されたジュニパーベリー、そしてアルベキーナ種という、原種に一番近いと言われているオリーブです。この他にもコリアンダー、シナモン、タイム、ローズマリー、レモンなどが用いられています。

その後700リットルという非常に小さな単式蒸留器で一回蒸留し、数ヶ月古樽で熟成します。

この、最後にジンを「熟成」させるところに、アルマニャックのスペシャリストとしてのこだわりが垣間見えます。一度はストレートやロックで味わってみてはいかがでしょうか。¥1,080
Date: 2017/10/26/15:09:12   No.2591



アードベッグ アン・オー
ハーバーイン



世界で最もピーティー(泥炭の香り)でスモーキーな風味の中に、繊細な甘さと複雑さを感じられる個性的な味わいから人々を魅了する究極のアイラモルト、アードベッグ。今回、約10年ぶりにアードベッグの定番商品に加わる『アン・オー』は、アードベッグが蒸留所を構えるアイラ島のマル・オブ・オー(オー岬)にちなんで名づけられた、まろやかさとスモーキーさが見事に溶け合うシングルモルトです。
アイラ島の最南端に位置するマル・オブ・オーの崖は、アイラ島の盾となり長年の雨風を受け続けた結果、その姿は丸みを帯びています。大西洋の荒波と静かな入江が出会う、動と静、荒々しさと穏やかさが同居するその地形のように、『アン・オー』は、アードベッグ特有のスモーキーな香りと、繊細な甘さがなめらかでクリーミーな質感のテクスチャーの中に溶け込んでいます。甘さをもたらすペドロヒメネス・シェリー樽、スパイシーさをもたらすチャーをほどこした新樽、アードベッグらしさをもたらすファーストフィルのバーボン樽の3種類の樽で熟成した原酒を、アードベッグ蒸留・製造責任者ビル・ラムズデン博士が“魔法をかけた”と語る、特別に作られたギャザリングルームでヴァッティングし、長い時間をかけて、個々の和を上回るほどの複雑さと繊細な甘みとスモーキーさを併せ持つシングルモルトへと変貌をとげるのです。
妥協なき品質と型にはまらない大胆な個性のアードベッグが、故郷に捧げる思いを込めた『アン・オー』。ひとたび開けると、思わず誰かと分かち合いたくなるはず。¥1620
Date: 2017/10/05/13:30:13   No.2590



ジェムソン ブラックバレル
ハーバーイン



ジェムソン ブラックバレルは、ヘリテージシリーズから新登場するアイテムで、創業当初の伝統を受け継ぎ、さらに磨きをかたアイリッシュウスキーです。

風味豊なピュアポットスチルウイスキーとスモールバッチのグレーンウイスキーを使用し、バーボン樽とシェリー樽で熟成。
マスタークーパー(樽職人)の熟練の技によってバーボン樽をチャーリングしており、2度のチャーで黒焦げになった樽“ブラック・バレル”での熟成が豊かなフレーバやアロマ生み出します。

3回蒸留による「ジェムソン」の伝統的なスムーステイストでありがら、ナッツの香り、スパイス、バニラの甘さなど、さらに風味を高めた芳醇わいです。¥1,080
Date: 2017/10/03/15:29:27   No.2588



キルホーマンシングルカスク
ハーバーイン



キルホーマン2011バーボンバレルはアイラ島産ピートをたっぷりと焚き込んだフェノール値50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用。フレッシュ(1stフィル)バーボンバレルにて6年熟成し、シングルカスク、カスクストレングスのボトリングです。色はライトブラウン。香りは期待通りの芳醇なバニラが心地よく広がり、ヘビーなピートスモークが見事に混ざり合っています。時間とともに奥からゆっくりとピンクグレープフルーツ、パイナップルが顔をのぞかせ、金平糖を思わせる甘いアロマへと変化して行きます。味わいは滑らかなミルクチョコ、バニラクリームにレモネードやオレンジピールの爽やかさ、スモークの旨みが調和しています。フィニッシュに濃く入れた紅茶が現れ心地よい余韻が続きます。

バーボンのシングルカスクは、キルホーマンの持つ魅力を余すことなくダイレクトに堪能できますが、リリース数が非常に限られています。スモークとバニラの共演をぜひこの機会にお楽しみください。

6年 58.7%

蒸溜:2011年3月10日 瓶詰:2017年7月27日

フレッシュバーボンバレルNo.120

3月10日蒸留ですから当店の14周年の日に作られたウイスキーですね。短いような長いような。

¥2,160
Date: 2017/09/29/15:31:37   No.2587



余市&宮城峡モスカテルフィニッシュ
ハーバーイン


本日9月26日に発売されました。
ポルトガル南部のセトゥーバル地区で栽培されたぶどう品種・モスカテル種でつくられた酒精強化ワインの樽に、余市・宮城峡それぞれのシングルモルトウイスキーを詰め、さらに約1年間貯蔵・熟成させて仕上げました。モスカテル樽由来の甘美でフルーティーな味わいが付与されたシングルモルトウイスキーです。豊かで複雑な味わいを楽しんでいただくため、冷却ろ過を行わずにボトリングしています。
・「シングルモルト余市モスカテルウッドフィニッシュ」は、力強く厚みのある味わいの「シングルモルト余市」を、ポルトガル産モスカテル種でつくられた酒精強化ワインの樽でさらに熟成させることで、芳醇な甘さとピートのコクが調和した味わいを実現しました。レーズンのような甘さとモルトの香ばしさ、蜂蜜を思わせる甘いコクと果実味あふれる味わいに加えて、樽のビターさとピートの長い余韻が特長です。
・「シングルモルト宮城峡モスカテルウッドフィニッシュ」は、華やかで軽やかな味わいの「シングルモルト宮城峡」を、ポルトガル産モスカテル種でつくられた酒精強化ワインの樽でさらに熟成させることで、爽やかな甘さとビターな樽香が調和した味わいを実現しました。マスカットを思わせるフレッシュな香りとモルトの香ばしさ、樽の香りと調和したフルーティーな味わいに加えて、樽のビターさと甘くコクのある長い余韻が特長です。全国で各3,500本の限定品です。当店も僅か1本ずつの入荷です。お早めにどうぞ。各¥2,700
Date: 2017/09/26/15:07:31   No.2586



ボウモア9年
ハーバーイン



以前1本だけ入ったボトルですが、今回少し余裕を持って入荷しました。バーボン樽原酒とオロロソシェリー樽を合わせたものです。お値段もお手頃の¥1,080
Date: 2017/09/22/14:00:32   No.2585



[1][2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]