BAR HARBOUR INN

*--新着情報--*

[投稿] [記事検索] [記事修正・削除] [管理用]
※この掲示板は、閲覧のみとなっております。

グレンファークラス12年カスクストレングス
ハーバーイン


スタンダードの年数表記シリーズから、特別にボトリングしました。
バッティング後・加⽔前というタイミングでのボトリングで、ノン・チルフィルター&ノン・カラーリング。グレンファークラスファンなら⼀度は味わいたい限定品です。日本向けです。¥2000
Date: 2022/12/05/13:34:31   No.2822



デュワーズポルトガルスムース
ハーバーイン


第1弾「デュワーズ カリビアンスムース 8年」、第2弾「デュワーズ イリーガルスムース 8年」に続く、ユニークカスクシリーズの第3弾です。デュワーズブランドの特長であるダブルエイジ製法による、なめらかな味わいに加え、ポートワイン樽で仕上げたスコッチとポルトガルが融合したユニークな香りと味わいを表現しています。ポートワイン樽由来の完熟アプリコットやチェリーのような香りとフルーティな味わい、バニラとハチミツのような長く続く甘い余韻をお楽しみいただけます。¥800
Date: 2022/11/24/12:37:27   No.2821



アードベッグハイパーノヴァ
ハーバーイン


アードベッグ蒸留所でも名高い、スーパーノヴァ シリーズの最新ボトルであるハイパーノヴァは、宇宙空間の最深部で起こる、太陽爆発がインスピレーションの源となっています。その名の通り、「ハイパー」にピートが効いていて、フェノールレベル(ピートの強さを表す指標)が170 PPMを超えるハイパーノヴァは、これまでのスーパーノヴァを凌駕する次元。身の毛がよだつほど激しく、アードベッグ史上最強。一口飲んでみると、タール、クレオソート、すすの強烈な香りが口の中に広がり、グラスに注ぐと、アニスシード、スモーク、ダークチョコレートのアロマが立ち上ります。ビターアーモンドとスモークラベンダーが、ほのかに香るスモークダークチョコレート、クレオソートと溶け合い、フィニッシュは焙煎されたコーヒーとスモーキーなヘザーの香りへと急激に変化します。¥5,000
Date: 2022/11/18/13:35:28   No.2820



余市10年
ハーバーイン


限定の余市。1本のみ入荷しました。¥1600
Date: 2022/11/17/16:06:44   No.2818



キルホーマン マディラカスクマチュアド
ハーバーイン




「キルホーマン マデイラカスク」は、アイラ島産ピートをたっぷりと焚き込んだフェノール値50ppmのヘビーピーテッド麦芽を使用し、フレッシュフィルのマデイラホグスヘッドで5年3ヶ月熟成させた46樽をヴァッティング。 ローストしたナッツやドライフルーツ、キャラメル、トフィーといった樽由来のキャラクターが、キルホーマンのスモーキーな酒質と調和した素晴らしい味わいです。¥2000
Date: 2022/11/02/11:17:38   No.2817



キルホーマン サリゴベイ
ハーバーイン


「サリゴベイ」はアイラ島にある、スコットランド随一の夕焼け鑑賞の名所の名前に由来。
免税店限定で発売された「キルホーマン サリゴベイ」は5年熟成のEXバーボンカスクで熟成されており、バタースコッチ、トフィー、シトラスとスモーキーさを兼ね備えています。¥1600
Date: 2022/11/02/11:15:53   No.2816



ラフロイグ10年シェリーオークフィニッシュ
ハーバーイン


「ラフロイグ 10年 シェリーオークフィニッシュ」は、オロロソシェリー樽で12ヶ月以上後熟。
オロロソ樽の甘みと個性が複雑さとバランスを与え、ラフロイグの個性に忠実でありながら、ユニークでエキサイティングな表現に仕上げています。¥2500
Date: 2022/11/02/11:14:20   No.2815



アードベッグ8年
ハーバーイン


この「アードベッグ 8年」は、アードベッグ 最高蒸留・製造責任者であるビル・ラムズデン博士の、フラッグシップである「アードベッグ 10年」が存在しないパラレルワールドで、フラッグシップとなるウイスキーを造るとしたら何だろう、という思考実験から始まりました。

そこで彼は様々な年代のアードベッグの樽を試飲し、スピリッツの中に新しい次元のスモーキーフレーバーを発見しました。

豊かなシェリー樽の香りとバランスがとれたこの若々しいウイスキーは、今後アードベッグの中心的な存在となりうるかもしれません。1本のみの入荷です。¥2000
Date: 2022/10/26/14:06:43   No.2814



[1] [2] [3][4] [5] [6] [7]